大人の粉ミルクってどんなもの?粉ミルクを大人が飲む効果は?口コミは?

最近、健康に関心が高い方に注目されているのが「大人の粉ミルク」です。

2014年に、救心製薬が「大人の粉ミルク」を発売しました。
さらに続いて森永乳業から「ミルク生活」、雪印ビーンズタークが「プラチナミルク」を発売しています。

どうして今、大人の粉ミルクに注目が集まっているのでしょうか?
人気の秘密をご紹介します。

大人の粉ミルクとは?

そもそも、大人用の粉ミルクが発売されるようになったきっかけは、赤ちゃん用の粉ミルクを飲んでいる大人が沢山いらしゃったからということなのです。

粉ミルクって、赤ちゃんが成長する上で欠かせない栄養が詰まったものですよね。

栄養価が高いということから、食が細くなったシニアの方が栄養補助として飲んだり、牛乳が苦手な方がカルシウムを摂るために粉ミルクを飲む方が意外と多かったそうです。

シニア世代はサプリメントを飲むのに抵抗を持つ方も多くいらっしゃいます。
そのような方は、赤ちゃんが飲む粉ミルクだったら体に良いでしょうと考える方が多くおられたようです。

ただ、新生児用の粉ミルクは脂質やカロリーも高めです。
大人が摂取するには、栄養が過多な部分もあります。

また、粉ミルクには乳糖が含まれていて、ある程度成長した大人は乳糖を分解できずお腹を壊す人もいます。

そこで、粉ミルクから乳糖を限りなく排除し、脂質も抑え、不足しがちなビタミン、ミネラル、乳酸菌などを配合した大人のための粉ミルクが発売される用になったのです。

食事で不足しがちな栄養素を、大人の粉ミルクを飲むことによって栄養バランスを整えることができるのです。

粉ミルクって大人にはどんな効果があるの?

粉ミルクを大人が飲むのなんて本当?と驚かれるかもしれません。
あまり美味しそうなものには思えませんが、粉ミルクを大人が飲むことによってどんな効果があるのでしょうか?

粉ミルクは赤ちゃんが成長する上で必要なものです。
栄養バランスが優れているので、食が細い方の栄養補助にはまさにぴったりです。
カルシウム不足が気になる女性にも心強い存在です。

また、粉ミルクを飲むことによって、腸内環境が良くなり免疫力が上がります
粉ミルクを飲むことによって「風邪をひきにくくなった。」「元気が出てきた。」なんて声もありますよ。

さらにお通じが良くなるので、美肌効果も期待できるのです。
大人の粉ミルクを朝食などに置き換えると、健康的にダイエットもできます。

まさに大人の粉ミルクは、美容と健康に様々な効果があるスーパー食品なのです。

こちらは大人の粉ミルクの効果について書かれている本です。

大人の粉ミルクの口コミ

森永乳業「ミルク生活」 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森永 大人のための粉ミルク ミルク生活 360g(18回分)
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/10/16時点)

●高齢者には最適な栄養ドリンクです。

●牛乳の1.3倍のカルシウム量が取れるのがうれしいです。

●水にもよく溶けました。

●ホットミルクを少し甘くしたような味わいです。

●味があっさりしているので牛乳が苦手な方でも飲みやすいと思います。

救心製薬「大人の粉ミルク」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【救心製薬】大人の粉ミルク 9.5g×30袋【RCP】10P23Apr16
価格:5940円(税込、送料別) (2017/10/16時点)

●ヨーグルト味のジュースのような香りと味です。

●すっぱすぎるように感じました。

●値段が高いです。

●香りが飲む時に気になります。

雪印ビーンズターク「プラチナミルク」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラチナミルク フォー バランス やさしいミルク味 300g
価格:2592円(税込、送料別) (2017/10/16時点)

●少しクセのある味です。

●きな粉を一緒に入れると美味しくいただけました。

●不足しがちな栄養素を気軽に摂ることが出来ます。

●ビタミン類、カルシウムなどの他に、ローヤルゼリーまで入っている高栄養素の素晴らしい食品です。

●価格が高いので継続して摂取しにくいです。

●ミルク味を試しましたが、DHAが入っているからか少し青魚のニオイがします。

さいごに

いかがでしたか?
大人の粉ミルクはスプーン1杯で、一日に必要な栄養がカバーできる優秀な飲み物なのですね!

健康と美容のためのサプリメントとして、日常的に摂ると元気になれそうです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする