ダッフルコートレディース・ショート丈が便利!人気のプチプラ集めました

ダッフルコートって可愛くて大好きなのですが、もっさりとした印象も否めない気がします。
結構重ためのコートなので、最近はなかなか着る機会も少なくなってきました。

でもやはり、ダッフルコートが着たい!
そこでショート丈のダッフルコートなら、どんなボトムスにも合わせやすいし、さっと羽織れるので活躍しやすいかな~とチェックしてみましたよ^^。

ダッフルコート レディース 人気ランキング

最近は、ロング丈のコートが復活していますね。
トレンドなのは、ボリュームのあるアウターです。

でも、ショート丈のダッフルコートも可愛いと思うんですよね。
ダッフルコートのロング丈も素敵ですが、やはり、バランスが取りにくいと思うのです。

特に身長の低い方には、ロングのダッフルコートって重たすぎて難しいアイテムです。
ショート丈のダッフルコートなら、バランスが取りやすく使いやすいです。

ショート丈のダッフルコートはどんなボトムスでも合わせやすいし、ボリュームのあるボトムスでもすっきり着こなせます。
大人可愛いコーディネイトができるので、非常におすすめのアイテムですよ!

まずは、ダッフルコートの人気ランキラングをチェックして見ましょう♪

↓ ↓ ↓

CHECK!ダッフルコートレディース人気ランキング(楽天)

ダッフルコート レディース ショート丈 おすすめ

それでは、おすすめのショート丈のレディースダッフルコートをご紹介します。
チャレンジしやすい、プチプラのショート丈ダッフルコートを集めてみましたよ^^。

FashionLetter ファッションレター

メルトン ショート丈 ダッフルコート レディース

ちょっと大人っぽくて可愛いなと思ったのが、ファッションレターのメルトンショート丈ダッフルコートです。
裏地もシンプルなストライプのサテン地ですし、シルエットも細身でスッキリしています。

トグルボタンと紐も、ダークカラーで大人っぽい印象です。
カラーは全7色。
どの色も合わせやすそうで素敵です。

<口コミ>

●重すぎず、生地の厚みも程よいです。

●子供っぽくならないので着やすいです。

●値段の割に肌触りが良いです。

●生地も安っぽくないです。

●色も形も可愛いです。暖かいですよ。

●縫製もきれいです。

●生地は薄めですが、中に重ね着できるゆとりがあります。

●とても寒い日にはちょっと無理かなと言う感じです。

●ラインが少しダボッとしている印象です。

ジャッコランタンjack-o-lantern

ダッフルコートレディースショート丈

通勤通学にぴったりな、ウール混の軽くて暖かいショートダッフルコートです。
メルトン加工なのでハリがあって着崩れしにくいのが特徴。

裏地はおしゃれなストライプ柄。
カラーは、定番のキャメル、ネイビー、グレー、ブラックの4種類。

サイズ展開がMとLあるので、インナーに合わせてサイズを選ぶことも出来ます。

<口コミ>

●値段の割に良い品です。

●肌触りも着心地も良いです。

●どんな服にも合わせやすいのでヘビロテしています。

●縫製がしっかりしています。

●お手頃価格なので気軽に着ていけます。

●画像通り可愛いです。

●裏地のストライプが可愛いです。

●この値段でこの暖かさならコスパが良いです。

●ファスナーが付いていないのが残念です。

●少し寸胴に見えるデザインです。

●着ているうちに毛玉が出来てしまいました。

●真冬に着るのには向かないです。

LUNA STYLE

メルトン素材ダッフルジャケット

上質なメルトン素材のショート丈ダッフルコートです。
大きめのトグルボタンがとても可愛い、定番のデザインです。

コーディネイトを選ばないので、忙しい朝でもさっと羽織れて非常に便利なアイテムですよ!
キレイめな着こなしにも、カジュアルな着こなしにもバッチリ合う定番デザインです。

カラーは落ちついた6色。
プチプラなので、色々な色が欲しくなりそうです。

<口コミ>

●手触りが軽くて柔らかいです。

●軽いのでサラッと着ることが出来ます。

●着心地が良いです。肩こりせずに着られます。

●学生でもアラフォーでも似合います。

●お値段のわりにしっかりとした作りです。

●もう少しシェイプされた形のほうが好みです。

●価格なりって感じです。

さいごに

いかがでしたか?

やっぱりダッフルコートって可愛くて好きです^^。
どんな年齢の方が着ても可愛くなると思います。

ショート丈だったらボトムスに悩むことも少ないので、気軽にさっと羽織れるし、車の運転する時も邪魔になりにくくていいですね!
スタイルアップも期待できるので、身長の低い私でもバランス良く着こなせそうです^^。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする