ストウブ風お弁当箱ココポットが人気!サイズや使い方は?口コミも紹介

まるでストウブやル・クレーゼのような樹脂製のお弁当箱がとても人気ですよね!

「ココポット」というお弁当箱で、ヒルナンデス!や雑誌Martなどでも紹介されました。

インスタでも、美味しそうなお弁当をアップされている方がたくさんいらっしゃいますね。

女性の間で可愛い!と大人気のココポットを今回はご紹介します。

ストウブ風お弁当箱ココポットがインスタでも大人気!

ヒルナンデス!や雑誌のMartでも紹介されて大人気のココポット。

お鍋のストウブやル・クレーゼに似ていて可愛いと評判ですよね。
インスタでも多く取り上げられています。

毎日のお弁当作りが、ココポットを使うと楽しくなる♪と特に女性に人気ですね。

ココポットは可愛いだけでなく、電子レンジも食洗機でも使えて機能性抜群です。

デザインは、定番の丸いラウンド・長方形のレクタングルがあります。
インスタでココポットのオーバル(楕円)も見たことがあるんだけど、ネットでは販売店がみつかりませんでした。

楽天でココポットを探すならこちらからどうぞ。

↓ ↓ ↓

CHECK!ココポットを楽天で探す

ココポットのサイズは?

ココポットは見た目はめっちゃくちゃ可愛いですが、サイズも可愛らしい^^。
ラウンドタイプは、男性だったら小さいかもしれません。

女性でも沢山食べられる方には物足りないかも。

ココポットの詳しいサイズをご紹介します。

ココポットラウンドのサイズ

二段式のお弁当箱で、サイズは直径12.3㎝(持ち手を入れると14.4㎝)、高さは8.6㎝です。

上段は約230ml、下段は約300mlの量を入れることができます。
ご飯は、お茶碗1杯より多めに入ります。

中蓋を外して丼弁当としても使えますね。
この様に使用すると量が多目に入るようです。

ココポット自体の重さは280gと軽いです。

とてもコンパクトなサイズで、小さいなと感じました。
持ち運びには、かさばらなくていいかな。

サイズ的に女性用に感じます。

ココポット長方形(レクタングル)のサイズ

ココポットの新作、長方形のレンタグル。
いわゆる四角いお弁当といった感じです。

サイズは横幅が20.2cm、奥行11.6cm、高さ6.7cm(全て内寸)。

容量は600ml入ります。
ラウンドタイプよりちょっと量が多く入りますね。

うちの高校生の息子は800mlのお弁当箱(シーガルのステンレス)を持っていっていますが、そう考えるとやはりこちらも女性用かな。
男性には小さいかもしれませんね。

レンタグルタイプには、仕切りがついているので、ご飯と置かずを分けやすいです。

甘いパステルカラーのラインナップが心躍りますね!

ココポットの使い方

ココポットは、樹脂製のランチBOXです。
安心安全の日本製の商品なのがうれしいですね♪

保温性はありませんが、中蓋以外は電子レンジ対応なので、お弁当ごと温めることができます。

食洗機にも対応していて、中蓋をとって食洗機にポンっと入れるだけでお手入れ完了です。

上蓋のパッキンも別途販売されているので、安心ですね。
(Amazonで見つけました。)

蓋がしっかり閉まり、パッキンもしっかりしているので、汁気のある丼でも安心して持ち運べます。

ココポットの口コミ

それでは可愛いと評判のココポットの口コミの一部をご紹介しますね。

ココポットの良い口コミ

●女子のお弁当にはピッタリのサイズだと思います。

●常備菜入れとして使用しています。そのままテーブルに出してもおしゃれで重宝しています。

●蓋の密封性が強いので安心して持ち歩けます。

●見た目がとても可愛いです。

●内側が黒いのがカレーなどの色移りがなくて良いです。

●液漏れしないのがいいです。

●丼ランチにはもってこいです。

●可愛くて周りにも好評です。

●上段をしなければ、丼として量的にも満足です。

●赤はとても落ちついた色できれいです。

ココポットの残念な口コミ

●サイズがちょっと小さいです。もう一回り大きサイズが欲しいです。

●思ったより重たいです。

●密封性は高いですが、蓋が少し開けづらいです。

●低学年の子供には蓋が開けにくいです。

●ラウンドの上の段が小さめです。

●ゴムのパッキンが数回の使用で切れてしまいました。

●男性には小さいです。

●汁物は流石にこぼれます。

さいごに

いかがでしたか?

毎日のお弁当作りが楽しくなりそうなココポット。
常備菜入れとしてもとってもおしゃれです。

カラーバリエーションが豊富なのでついつい何個も揃えたくなっちゃいますね。

お弁当の時間をウキウキさせるココポットで、女子力も高くなりそうです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする