野菜を長持ちさせるコジットの「ベジシャキちゃん」使い方と口コミは?

葉物野菜を長持ちさせると話題のコジットの「ベジシャキちゃん」。

NHKのまちかど情報室など、数々のTV番組で紹介されていますよね。

この可愛くて不思議な商品を、今回は仕組みや使い方、口コミなどをご紹介します。

ベジシャキちゃんの使い方

葉物野菜の芯には成長点があります。
その部分から野菜の成長が活発に促されます。

白菜なんかを長期保存していると、真ん中から膨らんできますよね。
野菜の成長点に芯をさすだけで、成長エネルギーが抑えられ、鮮度をキープさせることができるのです。

シナシナ~となりがちなレタスも、ベジシャキちゃんを使うだけでいつまでもシャキシャキ美味しくいただけます。

爪楊枝を3本野菜の芯に刺すだけでも、同様の効果があります。
でも、野菜の芯はかたいので爪楊枝が折れたり、刺しにくかったりします。

その点、ベジシャキちゃんは、太めの3本の芯なので折れたりすることもありませんし、洗って何度も使えます。

ベジシャキちゃんの使い方は簡単。

キャベツやレタス、ブロッコリーなどの芯の真ん中に垂直にピックを立てます。

そしてぐっと手のひらで刺します。

その後、野菜を保存袋に入れて野菜室で保存します。
ベジシャキちゃんの顔が上に来るように保存します。

5日間程度、野菜を新鮮な状態で保つことができますよ!

レタス、キャベツ、白菜、ブロッコリーなどの葉物野菜に使うことができます。
それ以外の野菜には使用できないので、ご注意くださいね。

コジットのベジシャキちゃんの口コミは?

コジットのベジシャキちゃんは、野菜を本当に長持ちさせてくれると好評です。

もちろん、爪楊枝を野菜に3本刺しても同じような効果は得られます。
でも、ベジシャキちゃんは可愛いし、洗えば何度も使用できるんですよね。

キャベツなどの固い芯には、ちょっと刺すのに力が必要だったり、抜く時も抜きにくい時があるみたいです。
その点を、もう少し改良して欲しいとの声もありました。

それでは口コミの一部をご紹介します。

<口コミ>

●簡単に野菜に刺せます。

●確かに野菜の鮮度が保てます。

●可愛いです。

●繰り返し清潔に使用できるのが良いです。

●野菜からピックを抜くときや刺す時、強い力が必要で使いにくいです。

●高騰している葉物野菜を長持ちしてくれるのでありがたい商品です。

さいごに

いかがでしたか?

可愛くて野菜の鮮度の強い味方のベジシャキちゃん。
野菜室でみるたびに、癒やされそうです。

ベジシャキちゃんで野菜をいつまでも美味しくいただきましょう^^。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする